安いけど副作用がある

tired girl

アフターピルとひとえに言っても、実は「ヤッペ法」と「ノルレボ錠」という2つの種類があります。
アフターピル通販を利用するうえで再びどちらを選べばいいか悩むポイントですね。
簡潔に言うとヤッペ法はその価格の安さが、ノルレボ錠は避妊率の高さと副作用の少なさが魅力です。
ピルには低用量ピルと中用量ピルと高用量ピルがあり、どのピルも常日頃から服用しておくことで事前に避妊をすることができます。
特に最近では低用量ピルが有名ですね。
ヤッペ法はこのうちの中用量ピルを2回に分けて服用することで、セックス後でも避妊をすることができるんです。
まず、セックス後72時間以内に1錠服用し、その12時間後にもう1錠服用します。
ヤッペ法をアフターピル通販ではなく病院やクリニックで処方してもらった場合、ピル代だけで約3,000円~10,000円が相場と言われています。
ノルレボ錠は約5,000円~15,000円が相場だと言われているので、ヤッペ法はその価格の安さが魅力ですね。
ただ、2回に分けて服用しなければならない分、飲み忘れてしまうリスクも高く、
また吐き気や腹痛、嘔吐などの副作用が強いというデメリットもあります。
副作用が強いあまり嘔吐してしまうと、せっかく飲んだピルの効果が無くなってしまい、避妊率はぐっと下がってしまうんです。
そんなに高いお金を払えない、という若い女性の場合はヤッペ法を選ぶ場合もありますが、
アフターピル通販を利用すれば、ノルレボ錠もかなり安く購入することができますし、
最近では多くの病院やクリニックでほとんどの場合ヤッペ法よりもノルレボ錠をおすすめしています。
避妊に失敗してしまうと、妊娠したらどうしよう、と心配するあまり、かなり不安定な精神状態になってしまいます。
そんな時に強い副作用が出てしまうと、身体にも心にも負担がかかってしまうので、ヤッペ法を使用する場合には十分注意が必要です。
特に、アフターピル通販の場合、病院などで診察を受けずにピルを服用することになるので、副作用の強いヤッペ法を選ぶ際には注意して下さい。